園ジニア:レンガの花壇づくり

玄関前

久しぶりの投稿です!
年始から第二子が生まれたりとバタバタで全然ブログかけてなかったですが、過去にやったレンガ造りの記事を書こうと思います。
だれかの参考になればいいかなと思います。
ちなみに家を立てて初めて自分でやった施工なので、プロのやり方にはほど遠いので参考まで。

家庭の園芸DIYの参考になればと思います。

レンガで花壇作るに当たって

まずはやっぱり初めての花壇作るのにイメージはやっぱりレンガを並べた花壇ですよね。
ピンコロ石やレンガ風の石で花壇作るのもありますが、モルタルでレンガ並べて作ってみたいなって一度は思ったり思わなかったり?笑
玄関開けたら花がある!っていい感じかなと思って作ってみました!
一年前に作って今では花が咲いていい感じな庭の一部になっています!

必要な道具や材料

必要な道具や材料になります。
基本的に使う道具の購入から始まる感じですが、大体買ったものは次も使えるので投資の意味で1万くらいでしょうか。

資材

道具

  • 左官鏝
  • 左官鏝(目地用)
  • 左官鍬(モルタル用)
  • モルタル・コンクリを作るフネ
  • 大きな箱(レンガを水に浸け置きする用)
  • タンパー ※転圧するもの(あれば)
  • 水糸
  • 水平器
  • タガネ(レンガを割る道具)
  • 石頭ハンマー
  • スコップ
  • スポンジ(目地からはみ出たモルタルを拭き取る用)

材料

  • インスタントモルタル
  • 砕石

手順1:基礎を作るために穴を掘る

まずは、レンガを並べる部分に沿って穴を掘っていきます。
基礎として、砕石とモルタルを敷いてレンガの水平をとりやすくします。
砕石とモルタルを塗る前にある程度転圧しておきましょう。
※本来であれば基礎は砕石と砂とセメントでコンクリにするほうが強度的に良いです。初めてだったのもありあとから知りました。(道路工事のやり方を見て思いました)

穴を掘る

基礎を作る

手順2:水糸でレベルを合わせる(一段目)

単純に並べてしまうと作っていくうちに高さがバラバラになります。
レンガのレベルを水平になるように水糸を使い水平に取ります。
一段目のレンガは基礎の最初になるため水糸はレンガの高さに合わせると二段目以降は水糸なしで積み上げていけます。

  1. 左右に杭用の木材を刺す
  2. 杭の頭から合わせたい高さに水糸を括って縛る
  3. 左右の水平を木材を当てながら水平を取る
  4. 水平器を置き杭の高さを調整

一段目のレンガと水糸

手順3:大きな箱にレンガを敷き詰め水につけておく

写真を残してなかったのですが、レンガが何個か入る大きなプラスチックな箱に入れておきます。
作業するにあたって、小さい箱だと都度つける必要があるので大は小を兼ねる意味合いでなるべく大きなものを使いましょう。

レンガを敷き詰めたら、水を入れてレンガから空気を抜きます。
この作業は、モルタルが固まるために水分を吸うため接着しやすくするためです。
※つけておかないとあとから接着面が取れレンガが崩れる可能性があります。

手順4:インスタントモルタルを練る

次にレンガを敷いていくためのインスタントモルタルを作っていきます。
袋に書いてる比率で作ると良い思います。
20kg(一袋)に対して、水約3リットルを使うようです。
ちなみに自分は大体の目安で作ったので正しいかは微妙です。(笑) ※インスタントモルタルは量を作るときは、割高になってしまうので量を作るときはセメントと詰め放題の砂で作ると安く量を作ることができます。

モルタル

手順5:一段目のレンガを敷く

基礎が完全に固まったら、作ったモルタルを使い基礎に塗りながらレンガを並べていきます。

  1. レンガの上部が水糸の高さに合わせるように基礎にモルタルをつける
  2. 水平器を使い上下左右斜めが水平器の中心に揃える
  3. 目地用の厚さを取りながら次のレンガを敷く(1〜3を繰り返す)
  4. 一段目が敷き終えたら、目地にモルタルを入れる

手順6:二段目以降

二段目からはレンガの上にモルタルをのせてレンガを置いていく作業になります。
高さを揃えつつ一段目と二段目の目地を作るという作業が一番難しいと思いました。
よく動画で紹介されているレンガより少し狭い木枠とか用意しておくと目地も統一された感じに仕上げることができるようです。
この花壇は扇型になるので、木枠を作るが難しかったので高さをとりつつ余った部分を拭き取りながらやってみました。

二段目のレンガ

  1. レンガと目地分の高さに合うように水糸を調整(手順2)
  2. 二段目からはレンガを交差しながら作るため、タガネを使いレンガを半分に割る
  3. レンガにモルタルをつけて、二段目のレンガを接着
  4. 水糸の高さに合うようにおき水平器で調整する
  5. 繰り返す
  6. 二段目が終わったら目地にモルタルを流し込む
  7. 目地からはみ出たモルタルはスポンジに少し水を含ませて拭き取る(漬けすぎると接着したモルタルまで流れ落ちるため注意)
  8. 二段目が終わったら、1に戻って繰り返す(必要な段数まで)

三段目のレンガ

完全に固まったら完成です。雨が続いてたので、完成まで2週間ほどかかりましたが、晴れていて作業が続けられれば2〜3日程度で終わると思います。

完成

完成

完成したのが写真のようになります。
まだ外構屋さんに外構が始まる前だった去年の6月くらいでした。

完成

初めての花壇なので、思い入れもあったりしますが黒土と十勝バーク堆肥を混ぜて花壇が完成しました。
約一年経って、株分け色々してもらったのでいい感じな玄関前花壇が出来上がって満足してます!
あくまで趣味でちょこっと始めた感じなので、もっとこうしたほうがいい方法はあると思いますが参考してみてはいかがでしょうか。

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

Author

札幌でフロントエンドエンジニアとして働いています。好きな音楽はSIAM SHADE!
SIAM SHADEの六人目のメンバーとして日々ロックを愛し続けている。
HTML,CSS,JavaScriptをベースにCMS構築が得意です。
HAMWORKS社員 https://ham.works